ニキビ跡をすぐ消すことは可能?

ニキビ跡ができてしまったら、薄くしたり、すぐ消すことはできるのでしょうか?ニキビ跡に悩んでいる人はすぐ消すことができるのならその方法について知りたいですよね。ニキビ跡はすぐ消すことはできるのかを調べてみました。

 

ニキビ跡ができる原因

ニキビだったところが赤みを帯びて跡が残ってしまうという方は多いですよね。クレーターのようになってしまったニキビ跡や、赤みを帯びているニキビ跡というのは、一生、何をやっても消えないのでしょうか?

 

きちんとスキンケアをしているのにニキビ跡ができてしまい、消えない原因というのはなんでしょうか?

 

ニキビ跡にも色々あり、赤みや色素沈着、クレーターといった症状があります。どの症状にも、お肌のターンオーバーが正常に行われていないという共通点があります。

 

ターンオーバーというのは、古い角質が剥がれ落ちて新しい肌に生まれ変わる工程です。本来は自然に正常に行われるのですが、何らかの原因でターンオーバーができなくなると、ニキビができやすくなったり、ニキビが治りにくくなったりします。治ったのに、それが跡に残ってしまったりもします。

 

ターンオーバーの周期は、28日なのですが、早すぎても遅すぎてもダメです。

 

夜10時から午前2時の間の4時間がゴールデンタイムになり、成長ホルモンが一番分泌される時間帯です。この4時間の間は熟睡しなければなりません。この時間帯に眠れなかったら成長ホルモンの分泌が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れてきますので、夜はしっかりと眠りましょう。

 

また、食生活が乱れると、健康にも害が出てしまいます。ビタミンはお肌にとても良くて、中でもビタミンCは特に良いです。肌がターンオーバーするのを手助けしてくれますので、積極的にビタミンCを摂取するようにしましょう。

 

ビタミンCが豊富な食材というのは、色鮮やかな食べ物に多く、特にピーマンがおすすめです。また、サプリメントでビタミンCを摂取するのもいいですね。病院に行ってもビタミン剤を処方されることが多いです。

 

体の新陳代謝をあげて、ターンオーバーを促すために適度に運動をすることは大切です。適度に運動をして、食生活を改善することによって、基礎体温をあげましょう。自律神経や、ホルモンバランスが整い、新陳代謝が上がり、肌のターンオーバーの周期も正常に戻ります。そうなると、ニキビの予防や治療がしやすくなります。

ニキビ跡の消し方

ニキビ跡がクレーターのように残ってしまうと、きれいに治すには時間がかかり、また難しいです。

 

なるべく短時間でクレーターのようなニキビ跡をきれいにしたいという場合には、セルフケアでなくて、美容整形外科や、皮膚科に行って治療されることをおすすめします。

 

ニキビ跡の治療法というのは、ケミカルピーリングやフラクセルレーザーです。軽度なニキビ跡だとピーリングでもいいのですが、重度なものはレーザーでの治療がおすすめです。

 

ほかにも、FGF治療、フォトフェイシャル、培養表皮移植という治療法があります。

 

ニキビ跡におすすめなのは、ロスミンリペアクリームホワイトです。