日焼けはシミの原因になるのはなぜ?

日焼けするとシミになるといわれますが、それはなぜなのでしょうか?

 

そして、その予防方法は?

 

日焼けとシミのメカニズム、そしてシミを作らないための対処法をお伝えします。

 

日焼けとシミは紫外線が原因

太陽光を浴びると肌は紫外線によるダメージから身を守るため防御反応としてメラニン色素を作り出します。

 

このメラニン色素により肌が褐色化、いわゆる「日焼けした肌」になります。

 

このメラニン色素は紫外線を吸収し真皮へのダメージを軽減するためにメラノサイトによって一時的に生成されるものです。

 

メラニン色素は悪者のように扱われますが、紫外線から細胞を守るという大切な働きがあります。

 

メラノサイト内で作られたメラニン色素がケラチノサイト(表皮細胞)に渡され、その後ターンオーバーによって肌の表面へと上がり角質となり排出されていくのですが、ところが何らかの原因でメラニン色素が過剰に生成され排出が追い付かず蓄積されると色素が沈着しシミになってしまいます。

 

この何らかの原因に紫外線が大きく関係しているんですね。

 

でも、シミはできてしまうと改善するのが難しいので、しっかり日焼け対策をしてお肌がメラニン色素を過剰に作らなくても良い状態にしてあげることが大切ですね。

シミを防ぐための日焼け対策

日焼けをしたときに赤くなったり、ヒリヒリと痛くなったりするのは日焼け後短時間で症状が現れますね。

 

でも、シミが現れるのはその人の肌質や紫外線を浴びた量、日常のスキンケアによっても変わり個人差がありますが、一般的に数か月から数十年後だといわれています。

 

今はまだシミがないから大丈夫、と安心していられませんね。

 

シミの予防はメラニン色素を過剰に作らせないように「日焼けをしない」というのが一番の対策になります。

 

日焼け対策には、帽子をかぶる、日傘をさす、サングラスをする、紫外線カットの衣服を着るなどありますが、最も効果的なのは日焼け止めを塗ることです。

 

帽子や日傘などは角度によってはかなり紫外線を浴びてしまいますし、家の中では使いませんよね。

 

紫外線は窓ガラスを通って家の中にも入ってきますので、家の中でも紫外線対策をすることを考えれば日焼け止めを塗るというのが確実な方法ですね。

 

ただ、日焼け止めは紫外線をカットする効果が高ければ高いほど肌にも負担がかかります。

 

なので家にいるのなら数値の低いもの、長い時間外出するのなら数値の高いものなど使い分けることが大切ですね。

 

その上で帽子や日傘などの紫外線対策グッズを上手に使って肌への影響を最小限に抑えたいものです。

カバーしきれない紫外線に対しては?

シミを作らないためには日焼けをしないのが一番ですが、すべての紫外線をカットするには無理があります。

 

いくら気をつけてもある程度の紫外線は浴びてしまいますし、日焼けとシミの関係を知る前に無防備に太陽光を燦々と浴びてしまっていたということもありますよね。

 

そこで、シミ予防、美白におすすめなのがロスミンリペアクリームホワイトです。

 

メラニンの生成を抑えシミやそばかすを防ぐアルブチンと肌荒れを防ぎキメの細かいお肌を作るトラネキ゜サム酸のW効果で理想の肌へと導いてくれるリペアクリームです。

 

シミのないクリアなお肌は毎日のケアによって作られます。

 

日焼け対策、そして手軽に始めることができる美白クリームでクリアなお肌を目指しましょう!