日焼けで皮むけしたらどうする?

日焼けをし過ぎた後に起こる皮むけ。

 

皮むけするとヒリヒリしたり痒かったり、見た目も悪いし、どうしても気になってつい剥いてしまいたくなりますね・・・

 

でも無理に剥いてしまうのはNGです!

 

ここでは日焼け後の皮むけの対処法についてご紹介します!

 

日焼け後に皮むけが起こるのはなぜ?防ぐ方法は?

少しの日焼けでは肌が褐色になる程度ですが、日焼けをし過ぎると赤くヒリヒリ。

 

その後ボロボロと皮むけが始まってしまいますね。

 

日焼けし過ぎてしまった時に、この皮むけを避ける方法というのは残念ながらありません!

 

日焼けは肌がやけどをしたのと同じ状態です。

 

やけどをすると患部が水膨れを起こしたりしてその後皮が剥けてきますよね。

 

それと同じことが日焼けでも起こり、熱でカラカラに乾いてしまった皮膚が肌の再生にともなって剥がれ落ちてくる状態なので防ぐことはできないんですね。

 

気になりますが落ち着くまで待つしかありません!

 

日焼けをし過ぎない、これが一番大切なんですね・・・

 

日焼け後の皮むけ対処法

日焼け後に皮がめくれてくるのは仕方がなく避ける方法はないのですが、ただ、あまりにも痒かったりボロボロだと気になってしょうがないと思いますので、なるべく早く、できるだけ綺麗に皮むけを乗り越えるための対処法をお伝えします。

保湿をしっかりとする

日焼け後の肌はダメージを受け極端に乾燥した状態になっているので水分をたっぷりと与えしっかりと保湿してあげましょう。

 

この時にできるだけ優しく刺激の少ない天然系の化粧水などを使うようにして下さい。

 

日焼け後すぐに美白作用のある化粧品で対策をしようとする方もいますが、この時点では焼けてしまったカサカサの皮膚の下に新しい皮膚が生まれてくる段階で肌がとても敏感な状態なので、あまり強い作用を持つ化粧品はおすすめできません!

 

水分をしっかりと与えたあとは蒸発して乾いてしまわないように油分を含むクリームなどを上から優しく塗ります。

 

これもなるべく刺激の少ない肌に優しいものを選ぶようにして下さいね。

 

スクワランオイルや白色ワセリンなどもおすすめです。

 

肌が乾燥すると痒みもでますので、保湿はしっかりとしてあげて下さい!

気になる浮いている皮は?

剥けてきている皮を無理やり剥がすのはしないようにしましょう。

 

浮いてきた皮だけ取ろうと引っ張っていると、まだくっついている部分も無理に引っ張って剥がしてしまったという経験をされた方も多いのではないでしょうか?

 

無理に剥がしてしまうと更にダメージを与えることになりかねないので、できるだけ触らずにいましょう。

 

どうしても気になる人は保湿ケアで水分を与えた後にクリームやオイルを塗る際にそーっと円を描くように気になる箇所を撫でてあげます。

 

そうすると余分な皮があればクルクルと一つに丸まって取れてくるのであまり気にならなくなると思います。

 

ゴシゴシ力を入れると肌を傷つけてしまうので優しくして下さいね!

 

最後に

日焼けをしたらまずは冷やしてからしっかりと保湿してケアをしましょう。

 

皮むけは急に日焼けした時に起こることが多いので、一度に焼かず少しずつ日焼けしていくことで肌を慣らして皮むけを防ぐことができます。

 

でも、紫外線は肌の奥まで届き後々シミやシワの原因にもなってしまうので、なるべくなら日焼けしないのが一番ですね。

エイジングケアで悩んでいるのなら

シミとシワは肌の2大お悩みとして肌の悩みの中でもいつもトップに君臨しています。

 

美白成分アルブチンと肌荒れ防止成分トラネキサム酸のW効果が嬉しい「ロスミンリペアクリームホワイト」を紫外線対策の一つにぜひ加えてみて下さい。

 

メラニンの生成を抑えながら驚くほどの保湿効果でシワを改善してくれます。

 

しっかりケアしてくすみのない明るい肌を取り戻しましょう!