日焼け止めは冬でも必要なの?

日焼け止めというと夏に使用するものというイメージがありますね。

 

夏に日焼け対策をせずに外出する人はあまりいませんが、冬には油断して何もしないという人も多いのではないでしょうか?

 

でも、綺麗なお肌を保つには日焼け止めなどの日焼け対策が冬にも必要不可欠です!

 

冬でも日焼け止めが必要な理由や冬の日焼け止めの選び方をご紹介します。

 

冬でも日焼け対策が必要なのはなぜ?

冬に日焼け止めといわれても、ピンとこない方も多いかもしれませんね。

 

冬は日差しが気持ちよく感じられ、外で長時間日に当たっても夏のように肌が焼けないので「日焼けする」という感覚がありませんよね。

 

でも、紫外線は冬でも地上に降り注いでいます!

 

紫外線には2種類、A波(UVA)とB波(UVB)があります。(C波もありますが地表に届くのはA波とB波だとされています。)

 

このうち、日に長時間当たった後肌が赤くなったり水膨れができてしまったりするような、一般的に「日焼け」といわれるものはB波によっておこるもの。

 

比較的早く肌に現れるという特徴があります。

 

それに比べてA波は肌の奥まで浸透しやすく、コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力を保っている物質に影響を与えるといわれ、ジワジワと時間をかけながら、シワやたるみの原因に繋がります。

 

このA波とB波ですが、B波は夏に多く降り注ぎますが冬には減少するので、一般的にいわれる「日焼け」は冬には感じられません。

 

ところが、A波の方は夏、冬に関係なく一年中ほぼ一定の量で降り注いでいます。

 

夏には日焼け対策をしっかりするので良いのですが、冬は日焼けの自覚がないのでつい無防備になり、その結果、思っている以上に紫外線を浴びてしまうことになります。

 

紫外線は冬の間も降り注いでいるので常に予防しておきたいですね。

冬の日焼け止めの選び方

さて、冬でも日焼け対策が必要だということはお分かりいただけたと思います。

 

日焼け対策といえば日焼け止めですが、日焼け止めにはSPFやPAというのがあります。

 

このSPFはB波を防ぐ数値の大きさ、PAはA波を防ぐ数値の大きさを表し、数値が大きいほど日焼けを防ぐ効果も高いとされています。

 

でも、SPF・PA値が高い方が効果があると思って一年中同じ日焼け止めを使うのは良くありません。

 

SPF・PA値が高いと確かに紫外線をカットする効果は高いのですが、その分お肌にかける負担も大きくなってしまいます。

 

冬の日焼け止めを選ぶポイントは次の二つ。

  • SPF・PA値の低いものを選ぶ
  • 保湿効果の高いものを選ぶ

SPF・PA値の低いものを選ぶ

冬にも油断は禁物ですが、夏に比べると紫外線の量は少ないもの。

 

なので一年中SPFやPA値の高い日焼け止めでお肌に負担をかけるよりは、冬にはSPFやPA値が低い日焼け止めを選びましょう。

 

普段の生活ならSPF10、PA+、半日以上出かけるのならSPF15〜20、PA+程度で十分対応できます。

 

また、ゲレンデでウインタースポーツを楽しみたい!というような場合は、SPF30、PA++と夏場と同じくらいの対策が必要になります。

 

雪は日差しを反射し、紫外線の80〜90%が照り返るといわれているのでしっかりと日焼け対策をすることが必要ですね!

保湿効果の高いものを選ぶ

冬は空気の乾燥する季節。それにともなって、お肌も乾燥しがちになります。

 

乾燥するとお肌のバリア機能も低下し、その上に紫外線を浴びるとさらにお肌の水分が蒸発、ますます乾燥もひどくなるという悪循環に陥ってしまう可能性も。

 

そうならないためにも日焼け止めも保湿効果の高いものを選ぶようにしましょう。

 

ダメージを受けたお肌の修復に最適なのは?

毎日気を付けていてもやはり、いくらかのダメージは受けてしまうんですよね。

 

毎日の紫外線や肌のターンオーバーの乱れによってできるシミ、肌の水分量の低下によってできるシワ。

 

この両方に一つで対応でき、本当に効果を感じられるものってあまりないですよね。

 

今までいろいろ試してみたけれど満足できなかったという方にお勧めしたいのが「ロスミンリペアクリームホワイト」です。

 

メラニンの生成を抑えながらシミ、そばかすを防ぐ。
抜群の保湿効果で気になるシワを改善。

 

冬は日焼け対策を油断してしまうことが多く、その分ダメージも大きいもの。

 

春の日差しの中で透き通るお肌を目指して冬のケアもしっかりしていきたいですね。