日焼けの正しいアフターケア方法をご紹介

日焼けはしないのが一番ですが、思っていたよりも日差しが強かった、予定していたよりも長く外にいなければならなかった、ついうっかり日焼け止めを忘れてしまったなどのハプニングで日焼けをしてしまうこともありますよね。

 

そんな時に大切なのがアフターケアです。

 

正しくアフターケアを行えば、日焼けによる肌へのダメージが最小限に抑えられます。

 

もし日焼けをしてしまったらどのようなステップでアフターケアをするのが良いか覚えておきましょう!

 

日焼けの後のアフターケア3ステップ

日焼け後、シミになったらどうしよう!と、すぐに美白美容液をつけたりしていませんか?

 

日焼け後の肌は傷つきとても敏感になっています。

 

正しい順番でアフターケアをしていきましょう!

1.まずは冷やす

日焼けはやけどの一種です。

 

肌が炎症をおこしている状態なので熱を持って火照っている部位や赤くなっている部位、ヒリヒリする部位など冷やして炎症の進行を抑えましょう。

 

冷やし方はタオルやお手拭きなどを冷水で濡らし患部にそっと当てて冷やします。

2.保湿をしっかりとする

患部を冷やし火照りやヒリヒリ感が治まったら保湿をします。

 

日焼け後の肌は皮膚が傷つき水分が蒸発しやすくなっていて普段の肌の何倍も乾燥しやすくなっています。

 

刺激の少ないマイルドな化粧水でしっかりと保湿しその後クリームや乳液で肌を保護するようにします。

 

化粧水は冷蔵庫で冷やしておいたものを使うと使い心地が良いですね。

 

日焼けのアフターケアでよく使われるのがアロエ入りローションやクリームです。

 

アロエには消炎効果、保湿効果、殺菌効果、新陳代謝の促進など多くの効能があります。

3.内側からも保湿する

日焼け後は肌が乾燥し水分が足りていない状態なので、こまめにお水を飲んで身体の内側からも水分補給をします。

 

ビタミンCは免疫力や回復力を高めるので、お水にレモンを絞ったりアセロラジュースなどビタミンCの多いものを摂るのも効果的です。

 

日焼け後の肌が落ち着いたら・・・

日焼け後肌が敏感になっているうちは低刺激な敏感肌用の化粧水やクリームでケアをします。

 

肌の炎症や赤みが引き、肌が落ち着いてから普段のスキンケアに戻るようにします。

 

紫外線でのダメージはメラニン色素の生成やコラーゲンの破壊を起こし、シミやシワなどを作りやすく肌の老化の原因になってしまいます。

 

肌の状態に合わせて、美白効果や保湿効果の高い化粧品などを取り入れていって下さい。

 

また、肌が新陳代謝をスムーズに行なえるように体が必要としている栄養素をしっかりと摂ることも大切です。

 

特にビタミンAやビタミンC、ビタミンEは肌の老化の原因となる活性酸素を抑える抗酸化作用が期待できるので、日頃から積極的に摂りたい栄養素です。

 

内と外、両方から美肌へのアプローチを心掛けましょう。

終わりに

日焼け後放っておくと後々の肌へのダメージが大きくなってしまいます。

 

まずは炎症を抑え、その後シミやシワを予防するケアを積極的に行って美肌をキープしてくださいね!

 

シミやシワ予防におすすめなのが「ロスミンリペアクリームホワイト」です。

 

これ1本でシミとシワ両方へのアプローチができるので、簡単ケアでキメの細かい透き通ったような肌を目指したい人におすすめです。